BLOG

ブログ

伸びをする女性 四日市 パーソナルジム

みなさんこんにちは!三重県四日市市 リアパーソナルジム 代表の角田です‼︎

四日市パーソナルジム 角田トレーナーの写真

最近秋晴れも多く、過ごしやすくなりました^^もう少しで紅葉も見頃になりそうですね♪  今年も残すところ2ヶ月です。「今年こそは痩せる!」と決心してもズルズル…もう年末…と思っているあなた。ダイエットを始めるのに早い遅いもありませんので、是非四日市 リアパーソナルジムで人生最後のダイエットを始めてみませんか?全力でサポートいたします! スタッフ一同皆様とお会いできること楽しみにしております♪

さて、本日のブログは「疲労の種類と対策」について記述させて頂きます。是非最後まで宜しくお願いいたします。

疲労の種類
三重県四日市市_パーソナルジム_疲労の女性
歳を追うごとに、疲れやすくなり、しっかり寝ているはずなのに疲れが取れないという方も多くいらっしゃるかと思います。疲れていると家事、育児、仕事、趣味など何をするのも億劫になってしまい、気づけばもう夜ということもしばしあると思います。疲労の原因は人それぞれ異なるため、自分の疲労の種類は何かを把握した上で、対策をすることが重要になります。どんな種類の疲労があるのかご紹介いたします。

体がだるいという肉体的疲労
運動や肉体労働をした際に、疲れたと感じるのはこの肉体的疲労【体の疲れ】にあたります。この種の疲労を回復するためにはしっかりとタンパク質が豊富でその他ビタミン等の栄養を含む食事を心がけることで改善されることが多いです。

常にイライラしている精神的疲労
日々の生活における悩み事などが蓄積され人間関係や仕事へのプレッシャーなどで【心の疲れ】がこの精神的疲労になります。これは物理的にそのプレッシャーとなる元から離れる等の対策によって、改善されることが多い。

デスクワークなどで頭をフル回転しておこる神経的疲労
在宅やデスクワークの方々はPCの画面を長時間見ていることが多いと思います。考える際に脳の神経がフル回転しているため【神経疲れ】になります。

あくまで代表的な疲労になります。【体の疲れ】【心の疲れ】は想像がつくと思いますが、【神経疲れ】はなかなか気づきにくと思います。疲れにくい体質だからといって、放置せずに本日から日常生活に取り入れやすい対策をご紹介いたします。

神経疲労回復するには睡眠の質とストレッチ!
三重県四日市市_リアパーソナルジム_寝る女性
まずは「睡眠」とても重要になります。ただ長時間寝るというわけではなく、「睡眠環境を快適に整える」ことが重要です。普段使用している枕、マットレス、寝室の気温などが含まれます。寝ている間に寝返りなどをして居心地の良い場所を体が求めています。その際に途中で起きたり、寝付けなくなってしまうことで逆に体力を消費してしまいます。睡眠環境を整えた上で、しっかりと睡眠時間を確保し、心身の疲れは回復することができます。過去のブログでも「睡眠の質」について詳しくブログを書かせて頂きましたので、そちらのリンクを貼っておきます。

睡眠の質を高めよう【四日市 パーソナルジム リア配信】

睡眠の質を上げる方法!「三重県 四日市市 リアパーソナルジム配信」

次に心身の疲労が回復しても神経の回復がされない方は、デスクワーク時の「姿勢」に注意し、定期的に「ストレッチ」をしてみてください(´∀`)神経疲労とストレッチ?と思うかもしれませんが、ストレッチすることで、ずっと同じ姿勢で固まっていた体がほぐれて血液の循環も良くなり、リフレッシュされ頭の神経もリラックスされます。背中が丸まりやすいので、手を頭の上にグーっと伸ばすだけでも効果があります。是非取り入れてみてください(^○^)

まとめ
「疲労」と一言で言っても、「体の疲れ」「心の疲れ」「神経の疲れ」があります。女性の場合、これに加えてホルモンバランスが原因で疲れを感じやすくなります。その際は、無理をせずにしっかりと休養を取ることをお勧めします。「睡眠の質を高めること」「ストレッチ」忘れずにトライしていただければと思います。

あなたの疲労はどれ?「三重県四日市市 リアパーソナルジム」

本日も最後までご視聴ありがとうございました!リアパーソナルジム四日市店 代表の角田がお送りいたしました!

↓前回の記事はこちらから↓
女性必見!冷え性の原因と対策「三重県四日市市 リアパーソナルジム」

新規ご予約はトップページ公式ラインからも承っております!公式ラインからご登録いただき〇〇〇〇と送信いただくともれなくプレゼントがもらえます♪

そして最後にいつも当ジムに通っていただいている皆様いつも本当にありがとうございます。日々皆様にとってもっと有意義な接客ができるよう工夫を重ねていきます。是非今後ともよろしくお願い致しますm(__)mそれではまた次回もよろしくお願い致します♪それでは!!!

-以上-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。