BLOG

ブログ

かぼちゃ

安城市 パーソナルジム無料カウンセリング

どうもこんにちは!リアパーソナルジム安城店代表の向井です☆季節は食欲の秋に変わり皆さんは美味しいものをたくさん食べていますか?私もついつい食べ過ぎてしまい体重の増加が気になる今日この頃です、、皆さんはどうでしょうか?夏場と比べて肌を露出する機会も減り体型の変化にたいして敏感ではなくなっている人は多いと思いますが、この時期からしっかりと自身の体重や体型をコントロールしておけば夏前に焦って無理なダイエットなどをしなくて済むので日頃の食生活や運動習慣を改めて見直していきましょう!

今回はこの季節にぴったりでダイエットの強い味方になってくれる食材「カボチャ」について詳しく解説をしていきます。カボチャがもつダイエット効果や栄養素などの皆さんが知らない有益な情報をまとめていきますのでこれからのダイエット生活に役立ててもらえればと思います。忙しい方でもサクッと読めるように短くまとめていきますので是非ダイエットの参考にしてください。

 

カボチャはダイエットに向いている?

数種類のカボチャ

まずカボチャがダイエット中の食材として向いているのかどうかですが、非常にダイエット向きの食材と言えます!ダイエットに向いている理由の一つとしてカロリーの低さがあげられます。他の食材と比較した際にどれくらいの差があるのかを比較していきましょう。

 

 

◆日本カボチャ
糖質量・8.0g   40Kcal(100gあたり)

 

◆西洋カボチャ
糖質量・16.0g   80Kcal(100gあたり)

 

◆白米
糖質量・36.8g   168Kcal(100gあたり)

 

◆さつまいも
糖質量・29.0g   132Kcal(100gあたり)

 

◆にんじん
糖質量・6.5g   35Kcal(100gあたり)

 

スーパーでよく見かけるカボチャは西洋カボチャで甘みがありほくほくとした特徴のあるカボチャになります。他の食材と比べてみてもカロリー、糖質量の少なさはよくわかると思います。ダイエット中はどうしても甘い食べ物が欲しくなってしまいますがカボチャは甘みもありダイエットの天敵となる甘くて脂質の多いお菓子などへの欲求を抑えるのに重宝しますね。

 

カボチャに含まれる栄養素

カボチャ 断面

カボチャが低カロリーで低糖質というのはご理解いただけたかと思いますが、ダイエットや健康面で役立つ栄養素が含まれているのかを解説していきます。

 

◆βカロテン
βカロテンには抗酸化作用があり体内の細胞にダメージを与える活性酸素から体を守る働きを持っており、酸化を抑える働きがあります。またβカロテンは体内でビタミンAに変換され、体を酸化させる活性酸素を抑える抗酸化ビタミンとしても働きがあります。

◆水溶性食物繊維
カボチャには水溶性食物繊維が多く含まれています。水溶性食物繊維は名前の通り水に溶ける食物繊維のことで、食後に体内に入ると水分で食物繊維が溶け出してジェル状に変化し腸の表面にを覆う事で糖の吸収を緩やかにする作用を持っています。糖の吸収が緩やかになることで食後の血糖値の上昇を防ぎ脂肪蓄積の原因でもあるインスリンの分泌を抑えてくれることにより太りにくくしてくれます。

◆ビタミンE
ビタミンEは高い抗酸化作用をもつ脂溶性ビタミンで別名「若返りビタミン」とも呼ばれるビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンは体内の脂質に反応して吸収され一定量貯蔵ができるのが特徴のビタミンです。悪玉コレステロールの減少や動脈硬化、血栓の予防などにも効果的に働き健康面での活躍が大きいですね。

◆ビタミンC
ビタミンCはビタミンEと同じく高い抗酸化作用を持っており心疾患予防に効果的な栄養素になります。またビタミンCはコラーゲンを生成するのに必要な栄養素でもあります。コラーゲンを生成するので肌の艶やハリ、シミ予防にも効果的です。ビタミンCは水溶性ビタミンのため一度に大量に摂取しても吸収しきれずに尿と一緒に排出されてしまうため細かく複数回に分けて摂取するのが効果的になります。

 

カボチャに含まれる栄養素にはダイエットに役立つ以外にも美容や健康面にも効果的なものが多く含まれているので普段の食生活に上手く取り入れていくと良いでしょう。

 

カボチャはタネまで凄い?

飾られているカボチャ

カボチャの一般的な可食部の栄養素のお話をここまでしてきましたが実はカボチャのタネに含まれる栄養素もたいへん素晴らしいものが含まれているのでそちらを紹介していきます。カボチャのタネは単体で販売もされているくらい栄養価の高い食品でパンプキンシードという名前で販売されていることが多い様です。次にパンプキンシードに含まれている栄養素について詳しく解説していきます。

 

◆リグナン
リグナンはポリフェノールの一種でエストロゲン(女性ホルモン)と同じ働きを持っており自律神経の調整や月経不順の改善、更年期障害の症状軽減といった女性の悩みを解決してくれる様な効果が期待される成分になります

◆ペクチン
カボチャの可食部と同じくパンプキンシードには水溶性食物繊維が多く含まれているのに加えて不溶性食物繊維も含まれているため便通改善に期待されます。またペクチンの働きにより食後の血糖値の上昇が緩やかになるためインスリンの分泌量が少量ですむので脂肪の蓄積を防ぐ事が可能です。

◆リノレン酸・リノール酸
リノレン酸とリノール酸は不飽和脂肪酸の一種で必須脂肪酸と呼ばれており体内で合成することができない栄養素になります。動脈硬化や高血圧予防の他に脳梗塞、心筋梗塞予防にも効果があります。また脂質代謝改善効果も報告されているためダイエットにおいてもしっかりと役割を果たしてくれます。

 

 

パンプキンシードにこれ程の栄養が含まれていた事をご存知でしたか?普段は廃棄されることの多いカボチャのタネにこの様な効果があって驚きですよね。ただ栄養価が高いので必然的にカロリーも高くなってしまうので摂取量はしっかりと調整してあげることが重要ですね。

 

安城市リアパーソナルジムダイエット配信ブログ「カボチャで楽々ダイエット!?」

今回の記事はいかがでしたか?今が旬のカボチャがダイエットにおすすめとは驚いたと思いますがカロリーや栄養素の観点から見てもとても優秀な食材の一つと言えるでしょう!ご家庭の食卓に上手くカボチャメニューを取り入れてご家族皆さんで健康習慣を身につけていきませんか?

今回はリアパーソナルジム安城店代表の向井がお送りしました!次回もお楽しみに☆

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。