BLOG

ブログ

ビタミン 不足 疲れやすい

こんにちは!名古屋市天白区パーソナルトレーニングジム土井(どい)です。

リアパーソナルジム

「なかなか疲れが取れない」「体が1日中だるい」などカラダの調子が良くないと感じるときはありませんか?疲労が溜まり続けてしまうとカラダを崩してしまうかもしれません。

そこで、今回は疲労はビタミン不足が関係しているかもしれないと言うお話をさせていただきます。

ビタミンとは?

ブロッコリー ダイエット

ビタミンは3大栄養素(たんぱく質・糖質・脂質)の代謝を助ける働きをしており、ミネラルと並んで微量栄養素と言われています。3大栄養素のようにエネルギーになるものではありませんが、それがないとカラダという機械がスムーズに働かない、いわば潤滑油のような働きをしてくれています。

ビタミンには水に溶ける水溶性ビタミンと、水に溶けない脂溶性ビタミンの2種類があります。水溶性ビタミンはビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、Cの9種類があります。水溶性ビタミンは水に溶けるため過剰摂取をしても余分な量は尿として排出されます。

脂溶性ビタミンはA、D、E、Kの4種類があります。脂溶性ビタミンは水に溶けないため尿として排出されず体内で脂肪や肝臓等に貯蔵されて毎日少しずつカラダで消費されていきます。過剰摂取すると体外へ排出されないためビタミン過剰症を引き起こす危険性があります。普通の食事から摂っている量なら心配はいりませんが、サプリメントを飲んでいる人は気を付けて下さい!

疲労回復効果のあるビタミンB群とは?

ビタミンサプリメント

ビタミンの中でも疲労回復に効果的なものがビタミンB群になります。ビタミンB群とはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類です。

私たちのカラダは60兆個以上の細胞からできており、それらの細胞は食べた物の栄養素をエネルギーに変えて活動をしています。このエネルギー生産が十分に行われなくなると、エネルギー代謝が低下してしまい疲労を感じるのです。つまり、エネルギー代謝が落ちなければ疲労は感じにくくなるのです。

そこで重要になってくるのものがビタミンB群です。しっかりと補給することでエネルギー代謝を高めて疲労感を解消することができます。特にB1、B2、B6が疲労に関係しているビタミンで、特徴をご紹介します!

ビタミンB1

お米や砂糖などの糖質が分解されエネルギーになるのに必要なものがビタミンB1です。B1が不足すると糖質を摂取してもエネルギーに変えることができず運動後の疲れ、乳酸などの疲労物質が溜まり疲れやすくなります。不足すると疲れからくる手足の痺れやむくみ、集中力不足、食欲不振などの症状が引き起こされます。(うなぎ、玄米、大豆など)

ビタミンB2

細胞の再生や皮膚や髪、爪を作るビタミンで、糖質や脂質、たんぱく質のエネルギー代謝をサポートする働きをしています。他にはストレスを強く感じた時に摂りたいビタミンで、目の充血や肌荒れ、口内炎の症状を抑える働きがあります。(牛レバー、納豆、卵など)

ビタミンB6

皮膚や髪、歯を健康にして、成長を促進する作用があり、免疫機能を維持するためには必須です。不足すると、皮膚炎や口内炎、蕁麻疹などの症状やアレルギー症状が出やすくなります。また、ストレスによるイライラや精神を落ち着かせる働きもあります。(カツオ、マグロ、牛レバーなど)

「名古屋市天白区パーソナルトレーニング ジム」疲れやすいのはビタミン不足のせい?

名古屋市天白区パーソナルトレーニングジム土井(どい)がお送りいたしました。いかがでしたか?疲れを取るには、まずは十分な睡眠と食事が重要です。特に、ビタミンは疲れた時など不足しがちになるので、疲れがなかなか取れないと思った時はビタミンB群を多めに食べてみて下さい!

関連記事一覧