BLOG

ブログ

ブロッコリー ダイエット

みなさんこんにちは!名古屋市天白区パーソナルトレーニングジム土井(どい)です!

リアパーソナルジム

今回は、ダイエットにも筋トレにも最適なブロッコリーをご紹介いたします!

では、早速お話させていただきます!

ブロッコリーの基本情報!

ブロッコリー ダイエット

ブロッコリーは、100gあたり

  • カロリー33kcal 
  • タンパク質4.3g 
  • 脂質0.5g 
  • 糖質0.8g 
  • 食物繊維4.4g 


ブロッコリーは低カロリー、低糖質、高たんぱくでダイエットにぴったりの食材です! 他にはビタミンE・ビタミンK・ビタミンC・葉酸・モリブデン・カリウムが豊富に含まれています。

ビタミンCは特に豊富でレモン約3個分のビタミンCを含みます。 ビタミンCがこんなに含まれているなんてスゴイですね^^

どんなダイエット効果があるの?

ブロッコリーには脂肪燃焼作用のある「クロム」が含まれています。
クロムは、インスリンに働きかけ糖質、たんぱく質、脂質の代謝をサポートする作用があります。糖質などは、エネルギーとして使われますが、使いきれなかった分は脂肪として溜まってしまいます。それをクロムが代謝のサポートを行うことで、脂肪の蓄積を抑える働きをしています。

また、ブロッコリーにはむくみを軽減する効果があります。
ブロッコリーには利尿作用があるカリウムが含まれおり、ナトリウム(塩分)を排出してくれてむくみの解消が期待出来ます。

他にはスルフォラファンという成分が含まれています。スルフォラファンは解毒作用を持つ酵素の生成を促し、体内に溜まった有害物質の解毒力を高める効果が期待され、体内のデトックスをサポートしてくれます。
それに体内に老廃物が溜まると、むくみの原因になるだけでなく、代謝を下げる原因にもなります。
他にもスルフォラファンにはガンの予防や血糖値を抑える働きがあります!

調理する際の注意すること

ブロッコリーは撥水性があるため流水で洗うのではなく、ボウルに水を張り頭から15分ほどつけておきます。そうすることによりつぼみの中に入っている虫や汚れが出やすくなります。

茹でる時はビタミンCやビタミンBは水溶性ビタミンなので栄養が水に溶け出してしまうので茹ですぎは注意して下さい。茹ですぎると味も大きく落ちてしまうので、熱湯に入れてから色が変わったら取り出すようにしましょう!

おすすめの調理法

ブロッコリーは、鍋でゆでるよりも電子レンジで蒸すように加熱するとお手軽でおすすめ♪  

『電子レンジの調理法』

  • ①ブロッコリーを小房に分ける 
  • ➁耐熱皿にのせて、大さじ1~2の水を振りかけ、ラップをする 
  • ③600wの電子レンジで1分半~2分チンしてできあがり。 

「天白区パーソナルトレーニングジムが教える」ダイエットをするなら○○を食べるといい!

名古屋市天白区パーソナルトレーニングジム土井(どい)がお送りいたしました!

いかがでしたか?ブロッコリーは低糖質、高たんぱくなのでダイエット以外にも筋トレをする人もよく食べる食材です!

あなたもブロッコリーを食べてダイエットを成功させましょう!

関連記事一覧